しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ジブリ創作のヒミツ」とキツすぎる葛藤400日

Category: テレビ・ラジオ  
このエントリーをはてなブックマークに追加
録画しておいた「ジブリ 創作のヒミツ 宮崎駿と新人監督 葛藤の400日」(NHK)を見た。

借りぐらしのアリエッティは蟻をバカにしすぎ」というエントリでは思いがけず彼我のクリエイティブ論の比較に話が及んでしまったが、それは案外いいとこ突いてたんじゃないか、とこの番組を見て思った。

というのは、ジブリの「創作のヒミツ」が、良くも悪くもあまりに旧態依然としたやり方だったことに結構愕然としたからだ。
チームラボの猪子寿之社長が以前雑誌で「ipodを生み出せなかったことから目を背け、ipodのヒットを影で支える日本の鏡面研磨技術はスゲエ、日本の職人的ものづくり魂健在!とか言ってる奴はオメデタすぎる」的なことを言っていたが、まあ似たような話かもしれない。

もちろん現代のビジネスマン感覚とかマネジメント論とはかけ離れた非効率で属人的なやり方だ、と批難しても、芸術家の作品として、あるいは職人集団としては合理的だったり不可欠な選択だったりする面もあるだろうし、後継者や職人の人間的成長という意味では、有効に機能することも多いだろう。
何が本当にブラックなのか?」というエントリで触れたように、職場や製作環境の良し悪しを簡単に判断することは難しいだろうし、安易に全否定する気はもちろんない。

しかし、あの環境(大バジェット、大看板、周囲はカリスママンセー)で新人監督ひとりに責任を負わせる、というのはあまりに、あまりに酷だ。
仮に今回はうまく行ったとしても、強烈なカリスマ指導者の後継者育成、というのはこういうやり方が正しいのだろうか。歴史に学べば違和感がある。
米林監督が宮崎駿に相談していない、と知った時の、女性アニメーター?の不信感を伴ったあの眼。あれは米林監督にとって、本作が成功するしないに関わらず、きっと一生忘れられないものになるだろう。

それは必ずしも彼女が悪いわけじゃなくて、そういう環境を作った先代に帰すべき責任じゃないだろうか。
宮崎駿の後を受けてジブリの看板を背負う、なんてことは、(能力や作品そのものの評価とは別に)誰がどうやったってとてもうまくいく気がしないくらい、高すぎるハードルじゃないか。

それに、アニメーターは所詮アニメーターでしかない。
馬鹿にする意味では決してなく、演出家も俳優も物理学者も料理人も、みな基本的に自分の専門分野以外は素人だ。
だからこそ、ひとりのアニメーターの天才的作画や演出力に期待する(もしくは責任を押し付ける)のではなく、優秀なスタッフと協力し、偉大な先達の助言を仰ぎ、さらには多様な分野の専門家の知識を集め、協働作業の良さをもっと活かせればいいのにな、とちょっともったいなく思う。
もちろん多少なりともそういうことはしているだろうし、それに必ずしも協働・集合知的なものが常に正しいとは限らないけれど、しなくて良い苦労を個人に負わせているようで気の毒でならない。
きっとジブリには職人として優秀な人はたくさんいるのだろうし、外部の優秀な人間に協力を得られるだけの知名度と信頼もある。
天才がいることだってもちろん良いことだが、そういうことだってとても素晴らしい財産じゃないか。


「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)
(2009/11/25)
ジェームズ・スロウィッキー

商品詳細を見る


ぼくたちが考えるに、-マスコラホ゛レーションの時代ぼくたちが考えるに、-マスコラホ゛レーションの時代
(2009/01/23)
チャールズ・レッドビーターCharles Leadbeater

商品詳細を見る


ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたかピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか
(2009/07/24)
エド キャットマル

商品詳細を見る


宮崎駿は、かつて近藤喜文監督に口を出しすぎて衝突した経験から、今回はまったく干渉しなかった、と言うが、なんという極論ブランコだろう。
なぜ「良きアドバイザーになる」という、生産的で合理的ですべてのスタッフにメリットしかない当然の選択肢を選ばなかったのだろうか。
まあそれは彼の哲学なんだろうし、外野が意見をすることではないが、もし自分が彼の部下だったと想像すると、ちょっと胃が痛くなってしまう。そして自分も上司として、そういうやり方をしようとは思わない。
いや、もしかしたらはやおっちは、この20年の間に後継者としてょぅι゛ょ若手女性を育てたかったのかも知れない。ナウシカみたいなしっかり者のカワイコちゃんを監督に抜擢!となれば、みんないろんな意味を含んだ深い「あ~」という嘆息を漏らして、すべてうまく行ったのにな。
それが出来なかった時点で、もう彼にとっては後継なんてすべてどうでも良いことなのかも知れない、とでも思おう。
まあ鈴木敏夫はともかく、そもそも宮崎駿自身にはジブリという組織、ブランドが永続的に売れ続けて欲しいという希望はないかも知れないし。

ついでに、これもあくまで個人的な好みなので他人に押し付けるつもりは毛頭ないけれど、アニメ映画に求めているものが何か、ということを考えると、ジブリが好きなはずなのに、最近の作品はあまり楽しめていない理由がわかった気がする。

たとえば外食するとき、店の雰囲気や新しい料理のアイデア、食べたことのない食材、大人も子供もそれぞれに楽しめる意外で面白いコースの組み合わせ、盛りつけの斬新さ、食感や香り、そして何より基本的なおいしさ求めている。
日本の最先端のお菓子とかジャンクとかも大好きだけど、一番のお気に入りはPという本社がアメリカにあるレストラン。聞くところによると、厨房には和洋中の料理人はもちろん、栄養士、色彩やデザインの専門家、文学者、心理学者、社会学者、マーケティングや広告の専門家もいるそうな。サービス満点なのでしょっちゅう家族を連れて行ってしまうが、親も子どももとても満足して帰ってくる。

一方「三鷹茶寮・治部里」は、その素敵な外観に誘われて中に入ると、出てくるのは案外普通の懐石。一応おいしいことは間違いない。
まだ有名になる前から通っているという近所のおばさん方は、有機野菜を使った自然食だから安心よね、と盛り上がり、その隣の食通ぶった常連は、盛りつける器や、米選び、水選びのレベルの高さを誉めそやす。後ろで腕組みしている先代に睨まれながら頑張る期待の二代目には「まだオヤジさんにはかなわないけど、なかなかやるねえ。ハッハッハ」とかなんとか、そんな感じ。
ん~、それが素晴らしい仕事で価値あることなのは間違いないし、十分尊敬されるべきことだけど、俺は今はそういうのはいいや。なんか飽きたわ。自慢の有機野菜も、正直うちの田舎で採れたものの方がうまいし。
娘もあんまり食が進まないようだ。店内に流れるBGMは大好きみたいだけどね。

スタジオジブリの歌スタジオジブリの歌
(2008/11/26)
アニメ主題歌加藤登紀子

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
テーマ : 借りぐらしのアリエッティ    ジャンル : 映画

世代論がどうもうまく語れない新世代という問題

Category: テレビ・ラジオ  
このエントリーをはてなブックマークに追加
今、BSフジの「プライムニュース」の「なぜ若者が保守化するのか」特集に濱野智史氏が出てた。毎度おなじみ、精神論と印象論で若者を批判する番組側とそれに疑問を呈す若手社会学者(&山田昌弘氏)、という一応の役回りと立ち位置ながら、最近の言説から産業構造とか経済の視点がすっぽり欠けていてちょっと空虚な感じ。
 

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたかアーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか
(2008/10/27)
濱野 智史

商品詳細を見る

なぜ若者は保守化するのか-反転する現実と願望なぜ若者は保守化するのか-反転する現実と願望
(2009/11/20)
山田 昌弘

商品詳細を見る

それにしもて、なんだこの既視感。

「デキビジ!」でのひろゆきのズルいくらいのいつもの暖簾っぷり。
「激震マスメディア」でのドワンゴ会長/川上量生の情けない「バカな若者」っぷり。
「朝まで生テレビ」の東浩紀のしょうもない退場劇。

ここ数年、各方面で世代論が盛んで、それも感情論とか精神論でない冷静な問題指摘が、主に若手の研究者から出てきたことはとても良いことだとは思うけれど、そういう論客がテレビなどの「古い」メディアに出て、「古い」主張をする論客と意見を戦わせる場合、どうしてこううまく行かないのだろう。

彼らが同世代同士で話しているときはものすごく刺激的で面白い議論をしているし、仮想敵を古い世代に設定して話すことも多いにもかかわらず、いざ彼らを直接相手にするとちっとも核心をつく指摘が出来ず、相手を説得させるどころか相手の平凡な反論の対応に汲々とする、もしくはまったく噛み合わないまま終了、という場面が多い気がする。
本来彼らくらい優秀な人だったら、もちっとなんとかなるんじゃないのか?

そもそも使っている「言語」が違ったり、前提知識があまりにも違うため、たとえばネット上の言説やネタなどを説明なしには引用できない、いちいち言葉を選んで話さなくてはならない、という理由はあるだろう。
しかし、お茶の間のおばちゃんをなるほどね、と唸らせるようなロジック、いやロジックじゃなくて単に「言い方」を練習していかないと、せっかく生まれた世代問題に関する有効な指摘が、感情論や言い訳に回収されてしまったり、無駄な世代間断絶を生むことになりかねない
それはどの世代の人たちにとっても不幸なことだ。

ひろゆきなんかは別にどう思われたって( ´_ゝ`)フーンニヤニヤだろうけど、学者とかがそれじゃまずい。
馬鹿なジジイとかしょうもないご意見メールなんか秒殺しろよとか、所詮動員ゲームなんだから、ということじゃなくて、まずは旧来の言説に対する問題点の正確な指摘とか、それを主張する人たちへの論駁をしないことには、再反論も含めたその先の生産的な議論になるはずない。
そういう状況は、とてももったいない気がして嫌だなあ。


社会的な身体~振る舞い・運動・お笑い・ゲーム (講談社現代新書)社会的な身体~振る舞い・運動・お笑い・ゲーム (講談社現代新書)
(2009/06/18)
荻上 チキ

商品詳細を見る



スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る

『藤子・F・不二雄少年SF短篇集』に収録されている有名な「流血鬼」はリチャード・マチスン「アイ・アム・レジェンド」が元ネタ。世代の交代、価値観の変遷に対応できない旧世代の恐怖を描く。

藤子・F・不二雄少年SF短編集 (2) (小学館コロコロ文庫)藤子・F・不二雄少年SF短編集 (2) (小学館コロコロ文庫)
(1996/04)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

「東のエデン」劇場版Ⅱ。「アガリを決め込んだオッサン」亜東とエアキング滝沢はエンドロール後共闘宣言。具体策はありませんが。

東のエデン 劇場版II Paradise Lost Blu-rayスタンダード・エディション 【初回限定生産】東のエデン 劇場版II Paradise Lost Blu-rayスタンダード・エディション 【初回限定生産】
(2010/08/04)
木村良平、早見沙織 他

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。