しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハートロッカー」を巡る論争に思う

Category: 映画   Tagged: 宇多丸  町山智浩  ハートロッカー  タマフル  映画  Twitter  ポッドキャスト  
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」
3月27日収録分、ポッドキャスト限定配信された、町山智浩氏との「ハートロッカー」評をめぐるバトルが面白かった。

「放課後DA★話特別編【part1】」
「放課後DA★話特別編【part2】」
「放課後DA★話特別編【part3】」

※きっかけとなったTwitterは以下を御覧下さい。
トゥギャッター「町山智浩×宇多丸『ハートロッカー』まとめ」
http://togetter.com/li/10915


お互いの意見を一応尊重しながらも、最後まで平行線だった原因は映画批評の目的と立場が違うからだろう。

宇多さんは
・映画のメッセージについては一応正確に受け止めているつもり。
・それでもあの描き方では誤解する人が多いのではないか。
・戦争で実際に被害を受けているイラクの人にとっては、アメリカ人に
 とっての葛藤や苦悩などいい迷惑で傲慢に感じる。
・作り手の意図が、作品における絶対の正解とは思わない。
・個人として作品と向き合う、ということは主観で語ることになり、
 それは批評という合理的行為をする上で基本的に避けなければならない。

という主張と態度。

対して町山さんとしては、勝手にまとめると
・映画批評を客観的にするならば、自身の思想的バイアスは捨てた上で監督へのインタビューをしたり、楽曲、脚本など「徹底的に」調べ上げろ。
・わかりにくい部分があって、それを「よくわかりません」というのは映画を紹介する者(=プロの映画評論家)として不十分。その意味を調べて解説することこそが映画評論家の使命である。
・(日本在住で映画が本業ではない宇多丸くんにはそれは現実的に無理なのだから)逆に個人として作品と対峙して見せろ。
・明確なメッセージを本人は受け取っているのに、それをどう感じるかより「わかりにくい」という技術論で語るのは、悪い意味での「評論家の意見」であって、ラッパーであり表現者である宇多丸くんにとっては逃げだ。

という論旨じゃないかと。
正直、各主張が混線しているような気がするが、リアルタイムで話をする中で「ただの観客として」「客観的な批評家として」に加えて「作品の紹介者として」そして「俺のこととして」という多層的なポジショニングをしたからしょうがない。
それぞれの主張は筋が通っている。


思うに宇多丸師匠は、幼稚な感想批評をしたのではもちろんなく、逆に感想ではない冷静な「批評」をしようと真摯に努力して、そしてその罠にはまったのだ。
まあ要するにこれだ。

「ヘタな知識持つだけ邪魔んなる 自分らしくありゃ即サマんなる」
(ザ・グレート・アマチュアリズム)


つまり、町山さんにしては結構気を遣っていて、厳しい言葉はなかったが、

「ガチで映画の技術論や批評を宇多丸くんがしても無意味だし限界がある」
こと、しかし
「そうじゃない価値こそシネマハスラーにはある」


ということを言いたかったのでは。
それは映画批評本を出し、「同業」として見た宇多さんへの厳しくも暖かい先輩としての洗礼だった、とするのは両氏のファンである自分のような人間にとっては、建設的で良い落とし所じゃないだろうか。


ちなみにその前週のタマフルでは「アメリカHIPHOP入門」を特集していたが、それを聞いたHIPHOPに疎い自分のような人間が、

「いや俺はシーンの流れも歴史的文脈も一通り理解しましたよ
 でもHIPHOPて、なんでバカっぽい表現するの?
 誤解招きやすいじゃん
 意味はわかるけど全然伝わらねえ
 あとドラッグ売られた人とか撃たれた人にとっちゃいい迷惑だよ」

と言って片付けたらどうだろう。
批評としても個人的感想としても愚かなのは明白だし、何よりもったいない。
だからこそ宇多さんやZEEBRAや「チェック・ザ・テクニーク」が、「HIPHOPの紹介者として」解説してくれることに意味がある。


映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)
(2002/08)
町山 智浩

商品詳細を見る



チェック・ザ・テクニーク ヒップホップ名盤ライナーノーツ集(単行本)チェック・ザ・テクニーク ヒップホップ名盤ライナーノーツ集(単行本)
(2009/12/16)
ブライアン・コールマン

商品詳細を見る



************************************

さて、我が身にも引きつけて(「俺のこととして」)考えてみると、ブログなどで映画を始め何かの批評をするということは非常に難しいことだと改めて考えさせられた。

下書きには数十と映画評を書いたが、結局現時点で公開しているのは周辺環境を中心に書いた「アバター」と、自分が論じられる地点に引きずり込んだ「選挙」だけだ。
世の中には良い映画批評ブログもあるけれど、しかし結局「客観的に批評/分析する」ことで例えば町山さんのようなプロに匹敵するのはまず物理的に不可能(最低限やるべきこととしては原作の理解、監督他製作者へのインタビュー、その国の文化や時代背景の理解、製作国の言語がネイティブで話せること、カメラや脚本などについての技術的知識などがある)で、そうなると批評は捨てて主観に引き寄せる感想の方が、(悪い意味での)印象批評や表層批評や読書感想文と言われようが、素人がやる分には結局誠実で真に迫るのではないだろうか。
もちろんちょっとした視点のズラシや専門家視点(「現役ヤクザの俺から見た極妻シリーズ」とか)、風刺、ネタ化とかも十分面白いのだが…。

結局、半端な批評をするくらいなら、クソみたいなデート映画でも、初デートでその映画がいかに役に立ったかを熱く語ってくれたかの方がよっぽと面白いはずだ。
客観的に見た場合にひどい映画でも、自分の人生に少しでも残ったら、それはその人にとって「いい映画」だと言って良い贅沢。
そう、自分が批評家ごっこすをるのではなく、良い批評家の助けを得ながら主観だけで映画を見れる、ということは、ある意味でとても贅沢なことなのだ。


例えばそれがうまく行っているのがみうらじゅんの「そこがいいんじゃない!」やエガちゃんの「エィガ批評宣言」みたいな、俺vs映画をサシで語る方法とかじゃないかと。
要するにバカのくせに批評の真似事しちゃだめなんだよな、ということ、そして「アバター」評でも書いたが、どんな立派な批評を書こうとも、書き手に中身が伴ってないなら無意味で空虚だということを改めて考えてみた。

【追記:2011.6.24】
要するにこれは、批評じゃなくて随筆のススメ、ですな。
まあどちらも大事なんだけど、この区別は少し忘れがちになる。
批評としてはまるでダメと貶されていても、随筆や自分語りとしては素晴らしい、という文章は、ネット上の素人言説と揶揄されるものにだってたくさんある、と思います。

そこがいいんじゃない! みうらじゅんの映画批評大全2006-2009そこがいいんじゃない! みうらじゅんの映画批評大全2006-2009
(2010/02/23)
みうらじゅん

商品詳細を見る



江頭2:50のエィガ批評宣言江頭2:50のエィガ批評宣言
(2007/12/14)
江頭2:50

商品詳細を見る


関連エントリ:「ライムスター『マニフェスト』がイカ酢」
       「町山智浩帰国トークライブ」映画評論家としての覚悟、素人としての節度と価値

追記(2010/7/21):
2010/7/14放送「キラ☆キラ」での宇多丸&町山の会話、および2010/7/20 USTREAMでの枡野浩一&町山の会話から察すると、残念ながら結構関係が悪くなってるっぽい。
二人ともこじらせると面倒くさそうな人たちだからなあ…。
まあ大人なのでケンカしないでくれるとファンにとってはありがたいのですが。
まあ枡野浩一氏が一番面倒くさそうだけどw

「キラ☆キラ」ポッドキャスト 「アメリカのテレビドラマ『グリー』について」
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100714_machiyama.mp3


「町山智浩さんと歌舞伎町のB-WABEで」


しかし、罪山罰太郎vs侍功夫の例の件といい、志のある人達が罵り合っている間にも、小利口なクソ映画メイカーたちは高級ワインを飲み、入江悠監督は家賃も払えない、という状況はイヤンだなあ。
文学論語ってもしょうがないんだよ。産業構造の変革とか考えないと。
このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ : ハート・ロッカー    ジャンル : 映画

Newer Entry「キラ☆キラ」一周年に思う

Older Entry映画のアトラクション化の可能性

Comments

まあ、ハートロッカーは実際にイラクに派遣された兵士から現実とかなり違うと
批判されているところが問題だな。
「これが現実だと思われては困る」
と彼らはハッキリ明言している。
>とおりすがりさん

たしかに。
ただ本文の通り、自分はこの映画が良いか悪いかを決めたいんじゃなくて
(まあいい部分もツッコミどころもあるでしょう)
批評ってむずかしいな、特にブログで書く上でどうしたもんか、という
自制内省のきっかけとして「ハートロッカー」と例の議論をダシに使って
いるだけなので、そこら辺はまあええじゃないかポジションです。



« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。