しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の子育て法なんてない

Category: 子育て  
このエントリーをはてなブックマークに追加
教育ということになると、政治レベルの方針や理念から具体的な指導内容まで、みんな割と大きな話を語りたがるものだ。
もちろんそれは常に大事なことなのだけど、しかしそれがいつか全員にとって理想的な形になるという幻想など持たない方がいいんじゃないかと思う。
すべての人にとって理想の法律、理想の学校、理想の指導法、理想の親、理想の環境などと言ったものなど、絶対にあり得ないのだ。ゆとりだって詰め込みだって、放任だって体罰だって、時と場合によって有効だったり最悪だったりするだろう。

だから親は、大きい話をする前にまず、わが子を慎重に見守って細かなフォローを入れてあげる、ということに集中したほうがいい。
ガリ勉になっていて苦しそうなら、先生や受験制度を批判するよりも、読書や映画や音楽など、勉強以外の視野も広げてあげること。
ネットや携帯を法規制や制度で一切禁止にするより、早いうちに使い方やリテラシーを教えてあげること。
アニメやゲームだっていちいち問題点を見付けて厳しく制限すれば、きっと得るものより、失ってしまう大事な感性、知識、きっかけ、人間関係などの方がずっと多いだろう。それよりも、問題点への補足や補完、様々な視点、他のアニメやゲームをそれとなく提示してあげる方がずっと大切なことだ。
そしてそこから先は本人が選んでいけばいい。
当然これも「すべての人に理想的な」やり方ではないけれど、大きな枠を作って安心するより、ずっと誠実で真摯な態度じゃないだろうか。
もちろんとても難しい方法でもあるだろうが。


結局それは、他人や制度に子どもを育てるということの責任を押し付けない覚悟を持つということなのだろう。
同時に、自分の理想や成功体験を他人に押し付けようとしない、ということでもある。



ついでに。
基本的には恣意的な運用が可能というだけで論外だと思うけれど、あえてシステムの問題ではなく個人的な立場で考えてみても青少年保護育成条例推進派のような論法がイヤなのは、上に書いたような「親の感覚」(=小さな話)としても傲慢で鈍感で怠慢だと思うからだ。
自分はまだ子育てを始めたばかりで偉そうなことは言えないし、教育について切実に考える場面に遭遇していないけれど、将来の自分への警告として書いておく。

関連エントリ:「本当の自分が残念でも、直視して、受け入れよう

なんとなくリンク

原始式教育入門 まめおやじ原始式教育入門 まめおやじ
(2005/06)
友沢 ミミヨ

商品詳細を見る
    
まめおやこまめおやこ
(2008/05)
友沢 ミミヨ

商品詳細を見る


TVブロス6/26号のまめおやじ特集で掲載されていたリアルまめおやじが衝撃のハーフ美少女っぷりだったな…。
お父さんがフランス人の船長でミュージシャン、て何だよ…リカちゃんかよ…


【追記(2010/8/3)】:
ここで言っているのは、教育について法整備や社会設計などの大きな話をするのはムダだ、とか、虐待やネグレクトが起こった場合は「自己責任」であって親が馬鹿なせいだ、という話とはまったく違う話です。繰り返しになりますが念のため。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Newer Entryなにが本当にブラックなのか?

Older Entry「アイドルはうんこしない」説復権運動

Comments



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。