しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

感じるな、考えるんだ、その果てに感じろ

Category: ネタじゃなく  
このエントリーをはてなブックマークに追加
前回「感じるな、考えるんだ」というエントリを書いた。
タイトルは言うまでもなく、ブルース・リーの「考えるな、感じるんだ」という有名なセリフを反転させたもの。
ドラゴンに限らず、武術や剣術を極めれば心眼とか邪気眼によってすべてを見極められる!的なヤツはいつの時代でも子供に大人気だ。
それを真に受けた奴が、目をつぶってバッターボックスに入ったり、ケンカの途中に虚ろな瞳で変なポーズとったりしてバカ扱いされる、というのが王道パターンなわけだが。


こういう考え方の安易な乱用は慎みたいものですな、というのは、まあごもっともな意見だ。
なんとなく「感じる」ことでわかった気になったり得意げになることはせず、理屈で考えて、言語化して、練習して、勉強して、冷静で客観的になって、わかろうと努め、理性を失わないようにしよう。
うん、素晴らしい正論だ。エセ科学でもインチキ宗教でも秒殺してやるからかかってきやがれ!!


でも、最近そういう「合理的」な考えにやや偏りすぎていて、実はあんまり面白くない。
もちろん自分なんかは徹底して合理主義的、というわけではなく中途半端ではあるんだけど、とは言えインチキ臭くない「感性」ってなんだっけ?口に出しても恥ずかしくない「感動」ってなんだっけ?とたまに思う。
こういう話は一歩間違えると幼稚な感情論とか癒しとかスピリチュアル的な話になりそうでやりにくい。どんなに控えめにでも「理性より大切なモノがある」とか言っちゃうと、その瞬間に失われるものが確かにある。
天才的な物理学者や数学者が最後に感じるのは神の存在、なんて話もよくあるけど、まあそこまでの話でなくてもいい。ただ、どちらにも偏らない、うまい解釈の仕方や態度がないだろうか。ちょうどいい湯加減がわからん。

「オレ、実用書とか新書とかノンフィクションとか学術書は読むけど、小説は嫌いなんだよ。くだらん」
って人は、世の中に、特にビジネスマンにはかなり多い気がする。
自分もまあほぼその通りなんだけど、それを言うとマズい気がして、常に読む本の中の一冊はフィクションを入れるようにしている。
映画や漫画を多く手に取るのも、そこら辺でフィクション成分を補給しておきたい、てことなのかもしれない。
でも、小説や詩や漫画などの創作物を読むにしても、すぐにその構造とか背景とかテーマなどの「解説」を欲してしまう。専門家によってまとめられた要点を聞きたい。そんで手っ取り早くお手軽にお利口になった気になりたい。同時に、専門家の意見や解説を聞いて「答え合わせ」をしないと不安でもある。

映画でもそうだから町山智浩の本を面白いと思ったのだろう。

映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)
(2002/08)
町山 智浩

商品詳細を見る

絵画なら若桑みどりを読んでなるほどなあと思った。

絵画を読む―イコノロジー入門 (NHKブックス)絵画を読む―イコノロジー入門 (NHKブックス)
(1993/07)
若桑 みどり

商品詳細を見る

数年前から始まった子育てについては、三森ゆりかの本がとても興味深かった。

絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉絵本で育てる情報分析力―論理的に考える力を引き出す〈2〉
(2002/12)
三森 ゆりか

商品詳細を見る


音楽も、文学も、社会も、人間心理も、経済も、城巡りも、どんぐりに帽子をかぶせる仕事も、独りよがりにならず、専門家の知を学ぼうとするのはもちろん良いことだ。
「深いねえ」みたいな浅過ぎる感想を漏らすだけの人間にはなりたくないから、謙虚に勉強する姿勢は大切だよな。それは悪くない。

でも、省みるにもう少し自分自身で格闘してみてもいいんじゃないか。
まず解説を読んだり、効率よく知識を仕入れるところから入ったとしても、その先に進んで、それがどういうことなのか、少しは「感じる」のも悪くないはずだ。
たとえそれが効率が悪くて辛い、そして大概は無意味な作業だとしても。


去年(2009年)の正月だったか、NHKアーカイブスで、遠藤周作と河合隼雄の対談が放送されていた。
今調べてみたが、恐らくこれだろう。本放送は1985年だから25年前か。
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10001200998510050130081/

この場でのふたりの対談を見ていて印象的だったのは、ほぼ遠藤が質問者、河合が回答者となっていたことだ。
うろ覚えだが、遠藤の愛とは、人間とは、などといった問いに対して、河合が心理学者としての見解を示す、というやりとりだったように記憶している。
文学者でキリシタンの遠藤、心理学者で教育者の河合。非常に象徴的だった。もちろん番組上の役割ということもあるだろうが、今見ると時代の変わり目だったように見える。

純文学が売れなくなり、身も蓋もないタイトルのハウツーや実用的な新書が売れるようになった。
小説は愛や命といった漠然としたテーマを掲げるだけじゃ弱くて、何を暗喩しているのかといった解説や、物語の構造や引用、パロディなどがより重視されるようになったと同時に、それらに無自覚ではいられなくなった(「要するにカプグラ症候群の話なんでしょ」とか、「行きて帰りし物語をやろうとして破綻してる」みたいなツッコミに無自覚ではいられなくなった、という意味で)。
学歴より資格、と言われるようになった(実際はどうかはともかく)。
使える/使えないという価値観がより重要になった。
人文知の怠慢な部分が科学の冷静さによって書き換えられるようになった。
ベタよりメタが重要になった。
地域や血縁のコミュニティが薄れた。
結婚式や葬式に金をかけないようになった。
たいがいのものは百均やユニクロで十分になった。
野球は根性論・先発完投よりデータ重視・投手分業が当たり前になった。
デパートが落ち込み、安価で多品種の小売店や専門店が中心になった。
良かれ悪しかれ、まあそういうことなのか。

でも、遠藤周作の小説が無意味で中身の薄いものになったわけじゃない。
結局両輪のバランスが大事で、どちらかの車輪だけ大きくしても、ちっとも前に進まず、同じところをグルグルと回るだけの馬鹿げた車になってしまうということなのだろう。クソ当たり前な話なんだけど。
認識と実感、想像力。愛情、幸福、高揚、歓喜、驚異、恐怖、孤独、憤怒、諦観、絶望、死。
本当はどれひとつよくわかってないけど、とりあえず肝に銘じておく。



関連エントリ:「人生解毒波止場」を再読して


妄想遊戯エクスタシー妄想遊戯エクスタシー
(2010/08/01)
DNA

商品詳細を見る


ゼロ年代の論点 ウェブ・郊外・カルチャー (ソフトバンク新書)ゼロ年代の論点 ウェブ・郊外・カルチャー (ソフトバンク新書)
(2011/02/18)
円堂 都司昭

商品詳細を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

Newer Entry【『モテキ』感想】 男とか 女とかより 誰かだろ

Older Entry感じるな、考えるんだ

Comments



« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。