しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

好き嫌いを語ることの怖さ

Category: 雑考  
このエントリーをはてなブックマークに追加
正月に友人Tと久しぶりに飲む約束をしたのだけど、話の流れで自分のエロ動画HDDから選りすぐりをDVD-Rに焼いてあげることになった。
そのため、年末は忙しい仕事やら年越しの雑事の合間を縫い、これまで貯めてきた300G程のファイルを整理していたのだが、途中でふと、とても嫌な予感がして作業を中断した。
ジャンルなどを特に意識して選んでいたわけではなかったのだが、自分がいいと思ったエロ動画を数百本もまとめてしまったら、きっと賢いTのことだから「あなたのオススメはやたら後背位が多い。女性を支配したいという潜在意識が表れている」だとか「全動画中、ニーハイ装着率は31%と高率」だとか「あからさまにドS」だとか「本質はゲイ」だとか「今後の付き合い方を考えざるを得ない」とか、よく分かんないけど非常に言い訳しにくい指摘を勝手にしやがるんじゃないか、という恐ろしい不安が頭をよぎったのだ。

そんなわけで、結局その件は「ヌケないけど頭おかしい」動画集をまとめてお茶を濁す、という形で終えた。ふ~、あぶなかったぜ。


似たようなことは「好きな女性のタイプ」でも言える。
良く言われることだが、好きな異性のタイプを表明するのは難しい。
男の場合、ヘラヘラしながらうっかり

1.かとうれいこ
2.優香 
3.小池栄子 
4.黒田美礼 
5.吉田里深


なんて答えようもんなら、
「ボクちゃんは30代後半のおっぱい大好きおじさんです!」
という誰にも何の得もない正確な自分プロファイリングをするようなものだし、

1.広末涼子 
2.上戸彩 
3.新垣結衣 
4.綾瀬はるか 
5.長澤まさみ


とかどんだけ普通なんだよとか、

1.小倉優子 
2.眞鍋かをり 
3.浜田翔子 
4.藤崎奈々子 
5.山川恵里佳


とかどんだけアバンギャルドだよとか、

1.YUKI 
2.本上まなみ 
3.緒川たまき 
4.安めぐみ 
5.はな


とかどんだけ甘えん坊の文系男子だよとか、

1.平野綾 
2.平野綾 
3.平野綾 
4.平野綾 
5.平野綾


とかどんだけライフライナーだよとか、

1.AKB 
2.ももクロ 
3.少女時代 
4.KARA 
5.モー娘。


とかどんだけかもう数えきれないしシラネーヨとか、本人が無自覚のままいろいろ浮かび上がってしまうものがあるわけだ。

まあ自己分析するためならともかく、自分の性的趣向という極私的愉悦を誰だって他人にとやかく言われたくはないものだし、批評じゃなくて単に好き/嫌いなベスト5に冷静な分析なんか付けられたくない、というのが本音だろうが、その分その人の性格や本音を象徴している、という側面は否定出来ないだろう。


さて、AVや好きな異性のタイプに限らず、好きな音楽とか、好きな本とか、好きな映画とかは、その人を端的に現すだろうし、だからこそプロフィール欄に好みのものを挙げたり、映画芸人のコトブキツカサさんみたいな「好きな映画でその人の性格を当てる」という芸が成り立つんだろう。

「コトブキツカサの映画心理分析#1」



だが、そんな中でも王道なのは、やはり「食べ物の好み」だろう。
これは結構ヤバい。


「ふだん何を食べているのか言ってごらんなさい、あなたがどんな人だか言ってみせましょう」
という恐ろしいフレーズがフランスの政治家ブリア=サヴァランの『美味礼讃』という本に出てくるそうだが、確かにいい歳こいて迂闊に「やっぱ二郎のラーメンがサイコーっしょ」とか「きゅうり不味すぎワロタw」とか「お母さんの肉じゃがが一番」とか言うと、バカで味の分からない幼稚な人間扱いをされ得るし、なんでもマヨネーズをかけたり味の素をかけたりしたら死ねとまで言われかねない

yuuzan.jpg

美味礼賛美味礼賛
(1996/06)
ブリア サヴァラン

商品詳細を見る


なぜ食べ物が重要かと言えば、多くの場合、食べ物はその人の中長期的なアイデンティティそのものだからだ。
それはたとえば「舌が肥えている」「食は三代」のようなスノッブな保守、伝統、階級的なものの象徴だったり、「自然食」「無農薬」「スローフード」のような主義思想そのものだったり、ネット上での「キャラ弁」や料理写真の共有のような好意や共感や自己愛や優越感として表出する。
「食べ物を語る」という行為は、語り手の意図の有無に関わらず、性別や体格、仕事、収入、健康状態、人生観など多くのものを内包してしまう。「興味ない」という語り方すらも、「食べ物に興味がない、知識がない」人としての文脈に乗ってしまう。
だからうっかり語るのは恐ろしいし、他人の好みにダメ出しすることはその人自身のアイデンティティそのものを否定することになりかねない。
「お前の味覚おかしいな」と言うのは「お前の母ちゃん出ベソ=Son of a bitch!」と同系統の破壊呪文になり得る、ということだ。

ちなみにM・ナイト・シャマランの『サイン』では、
最後の晩餐なのにジャンクフードかよwwwテラ貧乏www
と、観客の失笑涙を誘うシーンがあった。

↓ジワジワくる名シーン
sign.jpg

********************************

「フード理論」でおなじみのお菓子研究家・福田里香さん著『まんがキッチン』には、『ハチミツとクローバー』に出てくる食べ物描写が素晴らしく、漫画にリアリティを持たせる効果を生んでいる、という指摘があった。
とても面白い本で、いろいろ頷きながら読ませて頂いた。
しかし残念ながら自分はウィンナー/ソーセージ系、中でも魚肉ソーセージが苦手だ。
だからハチクロを初めて読んだ時に

「うわっ、フシギ女の上に魚肉ソーセージ食ってる!はぐちゃんキモチワルイ!」

と、一気にテンションが下がって読むのを止めてしまった記憶がある。
単なる自分の好みの問題なので、それが理不尽な評価だということは十分わかっているが、「作品にリアリティを持たせることが出来る」ということは、親近感や共感と同時に生理的、感情的反感を生み出す諸刃の剣でもあるのだ。


まんがキッチンまんがキッチン
(2007/03/22)
福田 里香

商品詳細を見る


ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス―ヤングユー)ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックス―ヤングユー)
(2002/08/19)
羽海野 チカ

商品詳細を見る



とは言え、こういう「自分を晒す」系の話題にあまり慎重になりすぎるのももちろんつまらない。
好きなアイドルを聞いてるのに、
「あえて言えば…寺島しのぶさんの演技力はすごいと思います」
とか言われてもATフィールドが強すぎてキツい。
尻フェチでもドMでもスカトロマニアでも二次限定でも別にいいじゃん。人として信頼できるっていうことは、こういう場面で格好つけたり怯えたりせず、腹を割って話せるということだ。
最初はお互いドン引きしたとしても、きっとその先の話はもっと面白くなる。
何年か経って改めて読み直したハチクロは面白かったし、はぐちゃんは魚肉の香りとともにとても印象に残ってる。


いずれにしろ、好き嫌いを語る際には、それなりの覚悟と勇気と忍耐が必要なのかも知れない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newer Entry阿呆陣グルグル

Older Entryプリキュアを語ったりしていいんだろうか

Comments



« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。