しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

阿呆陣グルグル

Category: 社会  
このエントリーをはてなブックマークに追加
大相撲が盛り上がってますね。
個人的にはまったくスルーしているんですが、ツイッターを流れるタイムラインを見ていると、嫌でも目に入ってきてついリツイートしてしまったり。
そんな中、切込隊長の「角界の八百長問題はスポーツ興行全体の問題として認識するべき」というエントリが簡潔にまとまっていて面白かったのですが、「相撲」という言葉は他の言葉も代入可能だな、と思い、パロってみました。

******************************************


 相撲政治は真剣勝負であると同時に興行選挙なので、どうしてもこの手の問題がつきまとうのであるが… まあ、現場でやってる力士政治家がメールでやり取りしてたら当然こうなるよね。

力士政治家の文面に「まっすぐ突っ込んで質問していくから」 「20」「30」は勝ち星の金額か法案の本数か
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110202/crm11020212510011-n1.htm

 昭和の時代は暗黙のネタで済んでいたものが、平成の世になって社会に余裕がなくなると、袖の下に何か鎧でも見えると大騒ぎする風潮というのはどうしても出てくるものなのだろうと。いや、八百長は良い、許せ、と言っているわけではないですよ。でも真剣勝負であるはずの相撲政治が、とか、裏切られた、とか言っている人たちは、大相撲政治に限らず興行社会の歴史を知らないのではないかと思うわけです。

 数理学をやっている海外のファンドが、日本の競馬の勝率が統計的に歪んでいる(=操作されている)ことを割り出し、膨大な投資回収をやっていたりとか、基本的にブックメーカーが絡むものは過去のトラックレコードから出される勝率に一定の法則があり定期的に再現される相場では異常な勝ち方をします。

 では日本の競馬界だけがおかしいのかというともちろんそうではなくて、その社会それぞれの興行があり賭け事があり、そこには風習やしきたりがあって、さまざまな暗黙の諒解がある。当然、大きな賞がかかる賭け事では不正は起きえないけど、下っ端でやっている層はどのような賭け事であれ生活がかかっていて、お互いに星を融通しながら生きているのもまた事実で。

 繰り返すけど、八百長はいいと言いたい訳ではありません。ただ、常識的に考えて選手寿命任期があり、20代にピークを迎えて30代には引退を余儀なくされるスポーツで60代にピークを迎えるまであまり出番のない政治で、全員に成功議席が保証されているわけではなく、ユニフォームを脱いだりまわしを取って髷を切ったら選挙に落ちたりバッジを外したらただの人以下になってしまう世界が、世間一般で常識とされるようなルールで回っているわけがないじゃないですか。

 だいたい、相撲政治に限っているならばデブウヨが年中デブサヨ相手に全力で戦い続けていたら、常識で考えてどんなに頑健であったとしても身体心身がボロボロになってしまいます。途中で勝ち越したら星を譲る法案が通ったら別案を飲む、というようなことが暗黙の諒解として日常的に行われていたとしても、私は「まあ、お互いに生活がかかっているんだから仕方がない部分もあるのではないか」と思ってしまいます。

 そんな角界政界で、昨今「八百長問題も出たので、公益法人として廃止に不信任案を出して解散総選挙に」というような議論があるようですが、個人的には反対です。法案の貸し借りなんて、今回のメールで出ようが出まいが、いままでずっとみんな知ってたことじゃないですか。暴力団が相撲賭博で業界団体が既得権益で稼いでいたことのほうがよほど問題であって、八百長はむしろ煙幕で使われているんじゃないかとすら思います。いまさら「相撲政治って八百だったのか! いままで信じてた!」という奴のほうがフラワーだろうと。

 むしろ、興行ポピュリズムであるという側面を重視するならば、ノア日本共産党とか、みちのくプロレス幸福実現党とかを積極的に公益法人化与党入りさせて、角界政界を交えた団体戦を国家主催国会でやればいいんじゃないかと考えます。(後略)

******************************************

先に行っておきますが、別に現政権の失態を見過ごせ、という話ではないですからね(あと、ノアは共産党じゃない、とかマジで言い出さないでください)。
要するにこういう話です。

※参考「日本を殺すスキャンダル狂い:ニューズウィーク日本版」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/09/post-1585.php?utm_content=backtype-tweetcount&utm_medium=bt.io-twitter&utm_source=twitter.com

日本の「スキャンダルマニア」には、長年の蓄積がある。自民党の長期政権が続いた何十年もの間、弱い野党がスポットライトを浴びるチャンスは国会審議のテレビ中継くらいだった。野党は有権者にアピールするべく、国会にテレビ中継が入る日、もっぱら自民党のスキャンダルをセンセーショナルに取り上げて非難し続けた。

 この慣習が日本の政治論議をゆがめた。ダークスーツをまとった東京地検特捜部の検察官らが政治家の事務所に家宅捜索に入る、あのお決まりの映像がテレビに映し出されると、この国の政策論争はすべてストップする。そして国会とメディアと世論は寄ってたかって疑惑の政治家を袋だたきにする。

 メディアも、政策をめぐる議論を報じることよりも政争や政局を報じがちだ。政治家のスキャンダルを追及すれば、視聴率や売り上げ部数が稼げる。メディアは血に飢えたサメのように、新たな餌食を探し続ける。

 日本が直面している数々の難題を乗り越えるためには、時の首相と政権が腰を据えて政治に取り組むことが欠かせない。しかし日本のスキャンダルマニアは、政治に空白を作り続けている。


こっちを相撲に当てはめて書き換えてももちろんOK。

この件に限らず、亀田でも海老蔵でも普天間でもいじめ問題でもその他諸々の事件でも、マスコミや「フラワー」な人&ついでにお年を召したドライフラワーな人の振りかざす正義感や倫理観とやらにみんなウンザリしていて、でもそれに対して、下の茂木健一郎氏のような「権威叩きや異物排除して憂さ晴らししてイクナイ!!」みたいな反論も、まったく正論ながら同じように見飽きてしまってます。

kenichiromogi 茂木健一郎
メディアが、「大人しくしていなさいね、ちょっと尖ったり、間違ったりするとバッシングされますからね、いい子でいなさいね」というメッセージを発し続けている国は、どう考えても異常。これじゃあ、日が沈むはずだよ。



さらにこの切込隊長のブログのように、「まあまあお前らもちつけ」というような冷静なツッコミとか、元力士の証言とか、裏の世界の人の本音とか、別の視点の提示なんかも出てきて、さらに自分みたいな奴が興味ないと言いつつ離れたところからヘラヘラしながらネタ化したりして、そのうちウヤムヤになって終了、そしてまた次の生贄が捧げられる、というのがニュースの消費サイクルというか一連の作法となっているようです。

でも、もうこういう流れもいい加減お腹いっぱいだよな、とも思います。
みんなでよってたかって相撲を語ったって、本質的な議論はほぼないし、しかも数年したらすっかり忘れてまた同じ話。バカかと。
何で毎度同じ流れになるかと言うと、まあマスゴミが悪いとか国民の民度が低いとか情弱がナンタラとか品格がポンタラっていう、これもまたお決まりの話になっちゃうんですが、一応自分なりにその先に一歩踏み込んで考えてみます。


隊長は最後のオチを

あるいは、柔道のようにしきたりをルールにしっかり置き換えて、海外へ向けて国技を開放して国技館でワールド相撲カップをやるような、そのぐらいの規模感で八百長を排除するぐらいしか、真面目に考えれば方法はないような気がします。


というぶっ飛んだ発想の飛躍で締めているので、なかなかいい入れ替えが思いつかなかったんですが、「あるいは」以降について自分の考えを真面目に書くとすると、こんな感じでしょうか。

・相撲については、「神事」「国技」の部分と「スポーツ」「格闘技」の部分を分離する
・毎度八百長だとか神事だから空気嫁、みたいな話をしなきゃだということは、要するにその論理がもはや社会に受容されてない、もしくは必要とされてないってことだと思います。事実プロレスは廃れたわけだし。
・でも伝統のある神事というなら、流鏑馬みたいにちゃんと神事として粛々と行う。チンピラは入れない。
・興行/スポーツとして相撲をやりたい人たちは、ビジネスとしてお客のニーズがある限り八百長しないでガチでやる。総当たり戦でも異種格闘技戦でも海外進出でも好きなようにやれ。

・政治については、ニューズウィーク誌が指摘するように、マスコミや国民が減点主義や無謬主義から脱し、糞くだらない足の引っ張り合いで国会を空転させずに社会全体が現実的な大人になる。
・また、へんちくりんな法案を大衆迎合のために提出しないでプロの政策専門家や実務家としてガチで行動する、あるいはまさにそのプロである官僚や学者、在野の専門家が有効に機能するようなシステム作りをする。
・ポピュリズムの部分もドブ板からあまり進歩してないので、小泉元首相(ラブミーテンダーやXJAPANでお馴染み)程度のスピーチ力・自己演出力でも「劇場型」「煽動家」「カリスマ」と評されてしまう。もっとちゃんとしたスピーチライターを育成したり、現代的な煽りを学ぶ。

もちろん自分は相撲も政治もさして詳しくもないので「この案が正しい!これが答えだ!」って話じゃなくて(なんたって893にもタニマチにも利権団体にも触れてない)、テキトウに今考えただけだっていろいろあるんだから「本音出して、このへんから議論がスタートしてもいいんじゃないっすか」ていう話です。
そうしないと、永遠に小さな土俵の中をグルグルと回っている気がします。角界の根本的体質改革とか、検察の手続きの問題とか、土俵の外の、より重要な問題にはとてもじゃないけど眼が向かない。
まあそんな田舎のチビッコ相撲みたいな滑稽さも楽しみの一つと言えばそうなのかもしれませんが、そろそろもうひとつ大きい土俵をグルグル回ってもいいんじゃないかなあ。
ネットや雑誌を見たり、財界人や学者、マスコミ関係者などの話を直に聞いてみると、大手マスコミで見聞きするよりずっと頭のいい人たちの優れた議論が多い気がするので、なんつうか、もったいない
階段を一段上がるためには…やはり世論回転装置のマスコミからなのかな。
「情弱向けメディアに何を期待してんだよ」とか「記者クラブの問題でしょ」と言われれば…どうなんでしょう。知りません。

大相撲の経済学 (ちくま文庫)大相撲の経済学 (ちくま文庫)
(2008/03/10)
中島 隆信

商品詳細を見る

【追記:2011.2.9】
つーかさ、ワイドショーとか「朝まで生テレビ」とか「TVタックル」みたいな、白熱した議論をしているようで何十年とまったく空虚な罵り合いを得意げに報じ、その上一丁前のジャーナリズム面して、そのくせ突っ込まれると「これはプロレスだから」とか嘯く奴はみんな死ねばいいんだよ!
もういい加減に冷静でマシな議論しようよ!

と俺の心の中の悪い子が申しております。


関連するかもエントリ:「タイガーマスク運動」と日本的ロールモデル(考え中)
           「世代論がどうもうまく語れない新世代という問題」
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newer EntryWhat a Terrible Life!!

Older Entry好き嫌いを語ることの怖さ

Comments



« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。