しかし反撃もここまで

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなドラマがあれば見る!

Category: 社会  
このエントリーをはてなブックマークに追加
視聴者参加型/勝ち抜き型/依頼型の番組というのは昔から山ほどあります。

『スター誕生!』や『ASAYAN』のような、明日のスターへの登竜門となるようなオーディション番組を始め、『アタック25』『クイズ100人に聞きました』『アメリカ横断ウルトラクイズ』などのクイズ番組、『パンチDEデート』『ねるとん紅鯨団』『あいのり』などの恋愛バラエティ、『なんでも鑑定団』『ビフォー・アフター』などの依頼型番組等々と、過去様々な番組が作られ、人気を博してきました。
やはり自分もそこに関わる可能性がある、というのは、フィクションとは違って現実感や緊張感があって面白いのでしょうね。

さてそういうものとは少し違いますが、アメリカなど海外のTVドラマでは、視聴者の反応や投票によってシナリオを書き換えていく作品が結構ある、という話を聞いたことがあります。
ちょっと想像すると、何シリーズも続くような人気作の場合、視聴者の声を反映させるのは当然でしょうし、かと言ってあまり短期間にそれをやってしまうと、シナリオがちぐはぐなものになってしまい、作品の統一感やテーマ性などの面では劣るものになってしまうかも知れません。

とは言え、リアルタイムに自分たちの意見に耳を傾けてくれて、しかもそれが当意即妙に作品に反映され、設定不備やシナリオの穴など不満点には次々に補足エピソードが入り、なおかつ全体の統一感も失わないような作品があったなら、やはりそれなりに楽しいのではないでしょうか。

しかし実際には結構な困難があります。

1.大勢のスタッフや出演者のスケジュールを、直前までわからないまま拘束するのは大変
2.番組の予算や技術では、視聴者から最高のアイデアが出ても再現できないかも知れない
3.視聴者からの意見を募集、検討する時間と、撮影、編集して放送するまでどの程度ラグがとれるか
  短すぎれば視聴者が考えたり盛り上がることができないし、長すぎてしまえば興味がなくなる
4.どう転ぶかわからないシナリオなので、時間的、物理的制約を受けるセットやロケの準備が難しい
5.スポンサーの制約。視聴者が好む展開と、スポンサーが好む展開が一致しない場合があり得る

と、素人の自分でも簡単に問題を挙げることが出来そうです。
こりゃ無理っぽいね。


でも待てよ。
別に番宣に莫大な費用を掛けた月9のジャニーズ主演作でなくても、ミニマムな小作品であれば、案外うまく行くかも。

1.そう、大物俳優なんていらないし、いっそ素人でいいよ。
2.予算もあまりかけないで、なるべく金が掛からない方法を取ろう。
3.タイムラグについても、規模が小さければ関わる人も少ないし、案外コントロール出来るかも。
4.時間的、物理的な制約も、いっそ実写ドラマじゃなければナシに出来るんじゃない?
5.スポンサー?そんなものいらないよ。タダでやっちゃえばいいじゃん!

 みんながワイワイ好き勝手なこと言って、自分が言ったことが反映されたり、それどころか直接説教したり、泣いたり、笑ったり、文句つけたり、誰かと共感したりして楽しめれば、ソーシャルとか繋がり体験とかネタ消費って言われる現代では、ドラマそのものを見るよりずっと面白いかもよ?

実はそう考えた末に作られたのが、こういった実録モノ系のまとめだと考えてみるのはどうでしょう。
割と自由に楽しめると思いますよ。タダだし。

発言小町:彼女との結婚に悩んでいます
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0805/432158.htm?o=2

ハムスター速報:向かいのマンションの女が双眼鏡でこっち見てるっぽいんだが
http://hamusoku.com/archives/5683373.html

ハムスター速報:彼女とS○Xしようとしたらふられたwwwwwwwwww
http://hamusoku.com/archives/5605652.html







※1.言うまでもなく、上記の話が「ウソ」「釣り」「ネタ」に違いない、という話ではなりません、念のため。それはどちらでも関係ないのです。

※2.要するに「大作ゲーム→ソーシャルゲーム」という流れをドラマや映画に置き換えたらこうなるんじゃないか、って話です。ゲームと違ってドラマというジャンルから逸脱していますが、ドラマに求めていた欲求を何によって代替しているかと考えると、それなりに妥当じゃないかと。

※3.そう見立てた場合、皆さん昼ドラやラブコメに相当するものが大好きでなによりです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ : ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ

手のひら

Category: 社会  
このエントリーをはてなブックマークに追加

  
   ,x彡        ミ{、{v、⌒ヽ、       __________
  xイ            ㍉イヽ、 ヽ.     |
 〃             川  ヽ.ヾヾ.    .|  ぼくの
               リ    ヽ.v|}    .| 
             彡イ__   rェ'v'      |  「てのひら」が
           彡彡〃二二、_>'卞》,   |  
          ,xイ ,.x≦《tッ= 〕f‐〔テ.} 》  |  見たいって?
        _,,x≦三ニ≡《__》"  ヽrく    \
    __xチ'<,        ̄ ̄ f⌒ ,,.. }:. ,   // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   l´⌒>’`ゝ:;;ゝ          f ゝ-'´`く:.:. i   /'
   {  仆i             , :. ,xェュ,: |
 .  ∧  ゝム              ',:. r''ニ二え |   
 ∨  ゝ、_ >,          `  :::   、.|
  \  {    :                、.::.:.:.:.|
    }川     :        :.:. .  ー'',r'
     l「 ̄ ̄≧x、,_        :::::::::::/
     /       `>x、x、,__     ,/|\
   ,.x'ー‐、         `ヽ、`>xく. ),. \ー-
 ,.rチ--、__>x、    ヽ    \ |XXト、   \
         ̄ '`ー──}       \XXXト、
   ___     ` 、 |       \XX.ト、
  ̄      ̄ '  ,    \         \XX





                    /   |    | ア |
           ドヤドヤー> | サブ |   | イ  | <ワーワー
                  | カル |   l  ド  l
    ホウホウ>   /⌒ヽ   |  批 |   l  ル  l 
           l経  l    | 評 |  |  論  |   <ブヒブヒィ
            |済  l   |  -  |  l⌒) - l
     フムフム>  |学 マ‐|   | 音  |   | 丿   |     /⌒ヽ
           |的 | |   | 楽  |  |ノ     l    | ア  ヽ <ギャーギャー
             l 分 ケ_!  | 論  !__,! ‐  一 |    l   ン ヽ、
         /⌒ヽ l 析 論\|, ノ⌒) ()      l    〉 チ l
  ニヤニヤ>  l〉   )ヽ、   ヽノ (ノO (ノ  (つ ヽ、  | ノ)  |  <キーキー
        /  人 ヽ、    信者 (⌒) 豚   ヽノ (ノ   |
          l メ   ヽ、\,        )丿 / ノ/ o      l
        ヽ タ  \,/     /  (ノ 中高生   () ヽ  l
   ゲラゲラ> \ ネ   /   憧女  /   (⌒ヽ     |
          ヽ タ     /  /   l       しノ      |
           ヽ、系  /   /   |  ライトファン層  l
            ヽ、  メディア    l          /  <ヘー
       ホレホレ>  ヽ、  便乗商法  |          /
              ヽ         l  一般人  /  <ホー



 

   ,x彡        ミ{、{v、⌒ヽ、       __________
  xイ            ㍉イヽ、 ヽ.     |
 〃             川  ヽ.ヾヾ.    .|  フフフ
               リ    ヽ.v|}    .| 
             彡イ__   rェ'v'      |  よかったら
           彡彡〃二二、_>'卞》,   |  
          ,xイ ,.x≦《tッ= 〕f‐〔テ.} 》  |  きみもおどろうよ
        _,,x≦三ニ≡《__》"  ヽrく    \
    __xチ'<,        ̄ ̄ f⌒ ,,.. }:. ,   // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   l´⌒>’`ゝ:;;ゝ          f ゝ-'´`く:.:. i   /'
   {  仆i             , :. ,xェュ,: |
 .  ∧  ゝム              ',:. r''ニ二え |   
 ∨  ゝ、_ >,          `  :::   、.|
  \  {    :                、.::.:.:.:.|
    }川     :        :.:. .  ー'',r'
     l「 ̄ ̄≧x、,_        :::::::::::/
     /       `>x、x、,__     ,/|\
   ,.x'ー‐、         `ヽ、`>xく. ),. \ー-
 ,.rチ--、__>x、    ヽ    \ |XXト、   \
         ̄ '`ー──}       \XXXト、
   ___     ` 、 |       \XX.ト、
  ̄      ̄ '  ,    \         \XX






                                ,. '´                      ,. <
                           ,. ´                   ,. <   
                  _,. -―--, '´                    ,. <      /
          _, -‐‐--‐ ''´ _,.. ''´                 , <         /
      ,. -‐ ''´   . i     /´/                 /\、       /
      {       リ  //′                 ノ  ヽヽ.    /
     ゝ、._   _.. --‐ァ' /     /´            /     i     /
         ̄    { /       '    ,            /       ,. イ
            ,. ´    ,.../     ′        /       /
      _   r ´  _ ,.< /  _      _     /         /
    {´   `ヽ. i  f---、ヽ / 〃ー、ヾ|  f‐‐‐.ヽ   / 、.     /
      ',`ー、  ヽ.',  |    ! レ  ii   } !  |   ! |   !   `   /
     {、._j   `!  ト、...ノ/   八..__ノ ,'  ,'ゝ- ' |   ',    /
     ヘ    ∧ /   |  /     /   {     i.   iヾ、 ノ
      \    ムi    |  !     i   }.    |   i _ノ
          `¨¨´ ','、    !   ヽ    !   iハ    |   !´
              ー`‐--r‐ . ト、...__|    ! `ー‐''´| ,..、,'
                    |  i /    i,⌒. !      {i  !
                ー'′    |  i'       ゙ー'
                          ` ´





ノ/;;;/   ~ヽ    ≠≡=× :::::::::::
 i;;;/ /f二!ヽi    r  __    ::::::::
 i;;| ´ヽ--‐´|    ∠`ー´ゝヾ::: ::::::     マジすか!マジすか!
 i;;|   /  |    ヽ ̄~´    :::
 Ⅵ     /       ̄´   :::::       やすしさんの手…
  |   //   ヘ        ::::::::  
  |    (  ,- )\       ::       あったかいっす!
  ∧   ____二____         __ノ
  ∧  \i__i__i__i__i フ        /
   ∧   ヽ||||||||||||/       /;;;
   ∧   (二二ノ||      /;;;;;;
    ∧       ||    /;;;;







             / ̄ ̄^ヽ 
             l      l        ____
       _   ,--、l       ノ .     /_ノ  ヽ、_\
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l     o゚((●)) ((●))゚o    プギャアアアアアアアアア
  ,/   :::         i ̄ ̄  | .  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
/           l:::    l:::   ll   |     |r┬-|     |    (⌒)
l   l .   l     !::    |:::   l   |     | |  |     |    ノ ~.レ-r┐、
|   l   l     |::    l:    l .  |     | |  |     |   ノ__  | .| | |
|   l .   }    l:::::,r-----   l.  \      `ー'´     ./ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;;;/-/__...........  /                   ̄`ー‐---‐‐´





  
       /      \
      /ノ  \   u. \ …え!? おれも?
    / (●)  (●)    \ 
    |   (__人__)    u.   |          クスクス>
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ        プギャー>






     総選挙  キャバクラ商法    会いに行けるアイドル     ガ
  クラスで10番目        黒髪制服                  チ
 AKBというゲーム  時代はSKE    グラビア占拠    整形上等 
  処女厨    あーちゃんあっちゃん  じゃんけんシステム
 CD5500枚        CGMとしてのAKB      電通()
   犯人は「チケットが欲しかったので       またあきもとか          
 ケインズ的には   お祭りなんだから踊らにゃ損!         ネ申 
  たかみなのリーダーシップ 一人称は「僕」=宗教洗脳ソング   言舌
     あえて評価           / ̄ ̄ ̄\        搾取の構図   
百合萌え  マジすか!      ./ ─    ─ \    地獄のマエダ
   奥深い詩の世界       /  <○>  <○>  \    SDNはゆるす
 仮面ライダーでいうと       |    (__人__)    |    タイキマリコサマ号  
                    \    ` ⌒´   /     児ポPV         
  現代のゲッベルス       /              \AKBというフォーマットを輸出




    関 わ っ た ら 思 う つ ぼ だ
  
       逃 げ る し か な い

 \    \
  ヽ\、  ^\
\ .\\ヽ、   ^\、
 \ .\\ヽ \    |\           
  \. \  \ \    λ\、
   \  \  \ \      \、           
    \.  \   \ \      ^ー)\
     \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
      \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
       \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |
        \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て 
         \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
          \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
            Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
             Z_   .\______/    (
               Z_               r'"
                 Z、、            (
                  ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^
 
  


渡り廊下走り隊
『手のひら』



小さな手のひら いつかはあなたを包み込む 大きな手のひらになっていくんだ



このエントリーをはてなブックマークに追加

デマには「根絶」ではなく「拡散」で対抗する

Category: 社会  
このエントリーをはてなブックマークに追加
東日本大震災:ツイッター 「誤りだ」もつぶやいてデマを淘汰 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20110405mog00m040029000c.html?inb=ri

という記事について。

災害心理学が専門の広瀬弘忠・元東京女子大教授へのインタビュー記事で、要約すると以下4点。

1.ツイッターなどのSNSでは、情報の正しさを見極めるのが難しいし、デマも発生しやすい。しかしオープンに議論することで「チェック機能」や「自浄作用」が働いて「良貨(=良質な情報)が悪貨(=デマ)を駆逐」していく。小さな混乱は起きるが、SNSがない場合(関東大震災時の朝鮮人暴動デマのような)に比べて大規模なパニックにはならない。

2.デマは、不確かな状況下で作り出される物語のようなもの。日ごろ持っている欲求不満や偏見が映し出される。

3.支援の輪の拡大、安否情報や各種リスト共有、個別の細かい情報を発信することで全体がつかめる、などの利点がある。

4.ソーシャル・ネットワークを使えない人たちが、ネットワークに参加できるようなシステムをつくる必要がある。


このうち2、3、4についてはそうだろね、って話なんですが、1.についてちょっと考えてみたい。

いや、恐らくツイッターが嫌いで「あんなものデマ拡散器だ!」と叫ぶ人が否定するであろう「良貨が悪貨を駆逐する」っていう部分は、別に異論ない。というか基本同意。
前エントリでも

「デマ拡散については、「拡散しない努力」だけじゃなく、Twitterならではのデマ解決法は、場合によってはむしろ拡散することなんじゃないかと思っていたのでやってみた(もちろんいろいろ条件が付くだろうが)。
大部分の水はきれいでも、端々の小さなクラスタという淀みは真っ黒なまま放置していいんだろうか。」


と書いた。
ツイッターの本質は拡散だし、ひとつのつぶやきにさほど意味があるわけでもない。
だから仮に

「【拡散希望】東電社員です。やべーよさっき菅総理が原子炉にカイワレ投入したら爆発しちゃったよ!」

というデマが信じられ、拡散されて一気に50000RTされても、途中で誰かが気付いて
「この情報まじかよ」
「ソースは?」
「いやさすがに原子炉にカイワレはないだろ」
「誰か検証してくれ」
「このツイートが最初にされた時には菅総理は官邸にいたはず」
「つうかこのアカウント、フォロワー2人の卵じゃん」
「新聞記者の○○です。さっき枝野官房長官に確認しましたが、そういった事実は一切ないそうです」
「民主党の△△です。さっき官邸で話しましたよ。証拠画像あり。デマでしょう」
というようなステップを踏む。そんで最終的に

「【拡散希望】”菅総理が原子炉にカイワレ投入→爆発”というのはデマ!ソースは○○と△△の証言http…」

というツイートがまた60000RTされて無事消化、みたいなケースが多かったように思う。
まあこのへんは「思う」だけじゃなくてちゃんとある程度は数字で検証しなきゃかもしれないけど、しかし震災をきっかけに、こういったデマへの対応が、総体としてどんどん上手になり、鎮火までのスピードが速くなり、要するに「慣れて」いったのは確かだろう。新規登録者もガンガン入ってきたけど、初心者への「Twitterの作法」に関する説明やツッコミも同じようにこなれていったし。

デマをRTしちゃっても、そんなに気に病む必要はない。デマとわかった時点で訂正・取り消しのRTに協力すればいいだけ。
なぜなら、RTするのは本来、単に居酒屋で隣の席から聞こえてきた話を、「へえ。~らしいよ」と同席している友だちに話す程度のものだからだ。
もちろん多少の情報精査能力があるのが望ましいのは言うまでもないが、いちいち言質をとられて糾弾されるべきものでもないし、そもそもそういった「ゆるさ」こそがツイッターの最大の美点でもあるんだから、それを躍起になって批判したり、知識やリテラシーやIQ不足が原因だ!(キリッ と叫ぶのは、自身の中途半端な知識と知恵と善意からくる小賢しさの表明でしかない。
基本的には「あーデマだったわ申し訳ない」で十分なんだよ。そもそもデマとネタとメタと皮肉と感情の吐露と想像力と予言と真実の区別なんて、厳密にはつくわけないんだし。
だから、「デマを根絶する!」のではなく「デマは湧くものだから、拡散しても被害が少ないようにしておく」というのが望まれるあり方で、それは奇しくも今原発被害拡大の一因として語られる、無謬主義やゼロリスク信仰の問題と同一なのだろう。

関連エントリ:
『災害時のTwitter利用の記録・1』
『災害時のTwitter利用の記録・2』


だから広瀬教授の説には基本賛成なんだけど、ただーし、だ。(※以後は話がそれる予定)
これはあくまでツイッター上のデマという「情報」の話であって、実際の行動の話ではない。
つまり、仮にデマが完全に鎮火したとして、あるいは拡散しまくってる状態が続いたとして、それが実際の行動にどの程度影響するのかは、当然ながらまた別問題だ、ということだ。
正直「また残念なTwitter民の皆さんが大騒ぎしているようだがww」とネタにされるようなことは多数あった。でもそれは過剰に可視化された言説に過剰に反応しているだけで、現実社会には何の影響もなく「一方その頃オカンはコタツでみかん食ってるのであった」みたいなのが実態だったり。
一時期、2chでネトウヨ的な言動が目立つ→若者の右傾化が進んでいる!ヤバい大変!みたいな話があったが、それが実際の行動、特に投票やら政治活動にどの程度影響するかといえば、いろんな統計があるものの、2chのログに占める割合よりは現実は「若者が右傾化」してはいない、ということは明らかなようだ。

Twitterがきっかけで、個人の具体的な日常生活、購買行動、避難行動、慈善活動、政治活動等にどのように影響をおよぼすのか、または利用者が人口のわずか数%ながら著名人など影響力の大きい人が数多く使っているTwitterでの言説やムーブメントが現実社会にどの程度影響するのかは、ちとわからん(単純な関係はいくらでも表明出来るだろうけどね)。
その上それぞれの人は知識も立場も心境も環境も違うわけだし、また情報はTwitter単一なわけではなく、それ以外のメディアや情報源とカクテル化されているわけだから、中長期の影響ともなると、本当のところはたぶん誰もわからん。解きほぐせない複雑な要因が無限にある。

という一応の指摘の後で再び、ただーし、だ。(※以後は話が斜め下に行く予定)
ツイッター上のデマをみて、「菅やべーよ!」と思わずRTしてしまい、その後デマだとわかって訂正RTをし、全員がデマだと認識したとしても、心理はまた別問題だ、ということ。
「情報」としては「デマ」だと確定してヤレヤレ一安心、一件落着したものの、一度上がって下がった心の波は、元の波にあらず。
そのデマの種類によって、ドキドキだったりワクワクだったりヒヤヒヤだったりメソメソだったりムカムカしたものが心の中に必ず残る。しかもそういった情報の津波に晒され続けるのがツイッターだ。
もしいろんなメソメソ絶望系のデマを10個ばかり連続で見聞きし、RTするかどうかはともかく、「情報」として知ってしまったら、それが後にすべてデマだとわかったとしても、すっかりメソメソな気分になってしまうだろう。
また「みんなで手をつないで祈ろう!」みたいな、まったく中身のない偽善的発言とされるものをルンルン気分でツイートしたりRTしまくっていて、多数のフォロワーにRTされまくったとしたら、仮に現実には何の効果もなくても、皆それなりにルンルン気分になって社会にとっては案外良い影響があるかも知れない。でもそれは危機の状況や種類によっては悪い影響なのかも知れない。
その気分がさらに現実の行動にどう影響を与えるかは…と、とにかく影響は単純じゃない。
要は「情報」や「知識」の短期的なプラマイだけじゃ全然ツイッターの功罪を分析したことにはならないんじゃないか、という話でした。
ま、これはいくらでも拡張可能な話だし、ツイッターに限らないし、検証しようがない、あるいは検証が無意味な話なのかな。

そんなことを考えた上でのまとめ。(※以後は話が斜め後ろに行く予定)
経済学や社会学、心理学などの叡智を借りるのは良いとしても、単純化された理論を自分のような素人が判断の材料にしようとしても、現実は要素や条件が多様すぎて、実際はみじめな精神安定剤かレッテル貼りの道具にしかならない、ということが今回の震災を機に身に染みた。
未曾有の災害と、それに伴ってリアルタイムでダイナミックに変動する社会、言説、価値観。
そういう「未知の現実」に対し、既知の理論や知識にハメ込んで理解出来た気になる。それは心の安定には繋がるだろうが、現実を直視することから逃げることでもある。

専門で勉強している「知識人」と呼ばれる方々にもそういう人が結構いるように感じられたのだがどうだろう。
あるいは、専門家としては静観しているのが賢明で誠実だが、人としてなんとか社会の役に立とうとした、ということなのかも知れない。世の評価は結果論でしかないし。

社会学や心理学、政治学やメディア論なんかも、見果てぬ夢としての「心理歴史学」みたいな話はきっとあるんだろう。
でもそれがどんなに発展したとしても、不確定要素が多すぎて、こんな混乱期ではきっと昭和の気象予報より遥かに低い精度なんだろうな。いや、混沌の予測やアドリブはハナから無理だけど、後の検証には役に立つのか。
非常に限定された条件下での「正しい数字」を真理として奉り、ちょっとでも限定条件がズレると途端に「想定外」と言って開き直る幼稚さ、もしくは誠実さ。
あるいは、ロクに数字も知識も理解しようとせず、漠然とした言葉や概念で不用意に現実を定義しようとする浅ましさ、もしくは誠実さ。
そうやって少しずつわかること、出来ることを増やしていくしか無いのか。それが学問に対して誠実だとか、冷静で理性的だ、ということなのか。

つくづく、この世は複雑だねえ。
俺が浅はかな考えで、社会のため、混乱を避けるため、人のためと思って行う行為は、長い目で見れば最悪の結果を招き寄せる行為なのかも知れないな。


ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
(1984/04)
アイザック・アシモフ

商品詳細を見る



災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか災害ユートピア―なぜそのとき特別な共同体が立ち上るのか
(2010/12)
レベッカ ソルニット

商品詳細を見る

震災後話題になっている本。これを読んで「人は災害の時には案外協力してユートピアが実現するんだ!暴徒とかにはならないんだ!」と理解している人はとても危険。

このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ : Twitter    ジャンル : その他

阿呆陣グルグル

Category: 社会  
このエントリーをはてなブックマークに追加
大相撲が盛り上がってますね。
個人的にはまったくスルーしているんですが、ツイッターを流れるタイムラインを見ていると、嫌でも目に入ってきてついリツイートしてしまったり。
そんな中、切込隊長の「角界の八百長問題はスポーツ興行全体の問題として認識するべき」というエントリが簡潔にまとまっていて面白かったのですが、「相撲」という言葉は他の言葉も代入可能だな、と思い、パロってみました。

******************************************


 相撲政治は真剣勝負であると同時に興行選挙なので、どうしてもこの手の問題がつきまとうのであるが… まあ、現場でやってる力士政治家がメールでやり取りしてたら当然こうなるよね。

力士政治家の文面に「まっすぐ突っ込んで質問していくから」 「20」「30」は勝ち星の金額か法案の本数か
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110202/crm11020212510011-n1.htm

 昭和の時代は暗黙のネタで済んでいたものが、平成の世になって社会に余裕がなくなると、袖の下に何か鎧でも見えると大騒ぎする風潮というのはどうしても出てくるものなのだろうと。いや、八百長は良い、許せ、と言っているわけではないですよ。でも真剣勝負であるはずの相撲政治が、とか、裏切られた、とか言っている人たちは、大相撲政治に限らず興行社会の歴史を知らないのではないかと思うわけです。

 数理学をやっている海外のファンドが、日本の競馬の勝率が統計的に歪んでいる(=操作されている)ことを割り出し、膨大な投資回収をやっていたりとか、基本的にブックメーカーが絡むものは過去のトラックレコードから出される勝率に一定の法則があり定期的に再現される相場では異常な勝ち方をします。

 では日本の競馬界だけがおかしいのかというともちろんそうではなくて、その社会それぞれの興行があり賭け事があり、そこには風習やしきたりがあって、さまざまな暗黙の諒解がある。当然、大きな賞がかかる賭け事では不正は起きえないけど、下っ端でやっている層はどのような賭け事であれ生活がかかっていて、お互いに星を融通しながら生きているのもまた事実で。

 繰り返すけど、八百長はいいと言いたい訳ではありません。ただ、常識的に考えて選手寿命任期があり、20代にピークを迎えて30代には引退を余儀なくされるスポーツで60代にピークを迎えるまであまり出番のない政治で、全員に成功議席が保証されているわけではなく、ユニフォームを脱いだりまわしを取って髷を切ったら選挙に落ちたりバッジを外したらただの人以下になってしまう世界が、世間一般で常識とされるようなルールで回っているわけがないじゃないですか。

 だいたい、相撲政治に限っているならばデブウヨが年中デブサヨ相手に全力で戦い続けていたら、常識で考えてどんなに頑健であったとしても身体心身がボロボロになってしまいます。途中で勝ち越したら星を譲る法案が通ったら別案を飲む、というようなことが暗黙の諒解として日常的に行われていたとしても、私は「まあ、お互いに生活がかかっているんだから仕方がない部分もあるのではないか」と思ってしまいます。

 そんな角界政界で、昨今「八百長問題も出たので、公益法人として廃止に不信任案を出して解散総選挙に」というような議論があるようですが、個人的には反対です。法案の貸し借りなんて、今回のメールで出ようが出まいが、いままでずっとみんな知ってたことじゃないですか。暴力団が相撲賭博で業界団体が既得権益で稼いでいたことのほうがよほど問題であって、八百長はむしろ煙幕で使われているんじゃないかとすら思います。いまさら「相撲政治って八百だったのか! いままで信じてた!」という奴のほうがフラワーだろうと。

 むしろ、興行ポピュリズムであるという側面を重視するならば、ノア日本共産党とか、みちのくプロレス幸福実現党とかを積極的に公益法人化与党入りさせて、角界政界を交えた団体戦を国家主催国会でやればいいんじゃないかと考えます。(後略)

******************************************

先に行っておきますが、別に現政権の失態を見過ごせ、という話ではないですからね(あと、ノアは共産党じゃない、とかマジで言い出さないでください)。
要するにこういう話です。

※参考「日本を殺すスキャンダル狂い:ニューズウィーク日本版」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/09/post-1585.php?utm_content=backtype-tweetcount&utm_medium=bt.io-twitter&utm_source=twitter.com

日本の「スキャンダルマニア」には、長年の蓄積がある。自民党の長期政権が続いた何十年もの間、弱い野党がスポットライトを浴びるチャンスは国会審議のテレビ中継くらいだった。野党は有権者にアピールするべく、国会にテレビ中継が入る日、もっぱら自民党のスキャンダルをセンセーショナルに取り上げて非難し続けた。

 この慣習が日本の政治論議をゆがめた。ダークスーツをまとった東京地検特捜部の検察官らが政治家の事務所に家宅捜索に入る、あのお決まりの映像がテレビに映し出されると、この国の政策論争はすべてストップする。そして国会とメディアと世論は寄ってたかって疑惑の政治家を袋だたきにする。

 メディアも、政策をめぐる議論を報じることよりも政争や政局を報じがちだ。政治家のスキャンダルを追及すれば、視聴率や売り上げ部数が稼げる。メディアは血に飢えたサメのように、新たな餌食を探し続ける。

 日本が直面している数々の難題を乗り越えるためには、時の首相と政権が腰を据えて政治に取り組むことが欠かせない。しかし日本のスキャンダルマニアは、政治に空白を作り続けている。


こっちを相撲に当てはめて書き換えてももちろんOK。

この件に限らず、亀田でも海老蔵でも普天間でもいじめ問題でもその他諸々の事件でも、マスコミや「フラワー」な人&ついでにお年を召したドライフラワーな人の振りかざす正義感や倫理観とやらにみんなウンザリしていて、でもそれに対して、下の茂木健一郎氏のような「権威叩きや異物排除して憂さ晴らししてイクナイ!!」みたいな反論も、まったく正論ながら同じように見飽きてしまってます。

kenichiromogi 茂木健一郎
メディアが、「大人しくしていなさいね、ちょっと尖ったり、間違ったりするとバッシングされますからね、いい子でいなさいね」というメッセージを発し続けている国は、どう考えても異常。これじゃあ、日が沈むはずだよ。



さらにこの切込隊長のブログのように、「まあまあお前らもちつけ」というような冷静なツッコミとか、元力士の証言とか、裏の世界の人の本音とか、別の視点の提示なんかも出てきて、さらに自分みたいな奴が興味ないと言いつつ離れたところからヘラヘラしながらネタ化したりして、そのうちウヤムヤになって終了、そしてまた次の生贄が捧げられる、というのがニュースの消費サイクルというか一連の作法となっているようです。

でも、もうこういう流れもいい加減お腹いっぱいだよな、とも思います。
みんなでよってたかって相撲を語ったって、本質的な議論はほぼないし、しかも数年したらすっかり忘れてまた同じ話。バカかと。
何で毎度同じ流れになるかと言うと、まあマスゴミが悪いとか国民の民度が低いとか情弱がナンタラとか品格がポンタラっていう、これもまたお決まりの話になっちゃうんですが、一応自分なりにその先に一歩踏み込んで考えてみます。


隊長は最後のオチを

あるいは、柔道のようにしきたりをルールにしっかり置き換えて、海外へ向けて国技を開放して国技館でワールド相撲カップをやるような、そのぐらいの規模感で八百長を排除するぐらいしか、真面目に考えれば方法はないような気がします。


というぶっ飛んだ発想の飛躍で締めているので、なかなかいい入れ替えが思いつかなかったんですが、「あるいは」以降について自分の考えを真面目に書くとすると、こんな感じでしょうか。

・相撲については、「神事」「国技」の部分と「スポーツ」「格闘技」の部分を分離する
・毎度八百長だとか神事だから空気嫁、みたいな話をしなきゃだということは、要するにその論理がもはや社会に受容されてない、もしくは必要とされてないってことだと思います。事実プロレスは廃れたわけだし。
・でも伝統のある神事というなら、流鏑馬みたいにちゃんと神事として粛々と行う。チンピラは入れない。
・興行/スポーツとして相撲をやりたい人たちは、ビジネスとしてお客のニーズがある限り八百長しないでガチでやる。総当たり戦でも異種格闘技戦でも海外進出でも好きなようにやれ。

・政治については、ニューズウィーク誌が指摘するように、マスコミや国民が減点主義や無謬主義から脱し、糞くだらない足の引っ張り合いで国会を空転させずに社会全体が現実的な大人になる。
・また、へんちくりんな法案を大衆迎合のために提出しないでプロの政策専門家や実務家としてガチで行動する、あるいはまさにそのプロである官僚や学者、在野の専門家が有効に機能するようなシステム作りをする。
・ポピュリズムの部分もドブ板からあまり進歩してないので、小泉元首相(ラブミーテンダーやXJAPANでお馴染み)程度のスピーチ力・自己演出力でも「劇場型」「煽動家」「カリスマ」と評されてしまう。もっとちゃんとしたスピーチライターを育成したり、現代的な煽りを学ぶ。

もちろん自分は相撲も政治もさして詳しくもないので「この案が正しい!これが答えだ!」って話じゃなくて(なんたって893にもタニマチにも利権団体にも触れてない)、テキトウに今考えただけだっていろいろあるんだから「本音出して、このへんから議論がスタートしてもいいんじゃないっすか」ていう話です。
そうしないと、永遠に小さな土俵の中をグルグルと回っている気がします。角界の根本的体質改革とか、検察の手続きの問題とか、土俵の外の、より重要な問題にはとてもじゃないけど眼が向かない。
まあそんな田舎のチビッコ相撲みたいな滑稽さも楽しみの一つと言えばそうなのかもしれませんが、そろそろもうひとつ大きい土俵をグルグル回ってもいいんじゃないかなあ。
ネットや雑誌を見たり、財界人や学者、マスコミ関係者などの話を直に聞いてみると、大手マスコミで見聞きするよりずっと頭のいい人たちの優れた議論が多い気がするので、なんつうか、もったいない
階段を一段上がるためには…やはり世論回転装置のマスコミからなのかな。
「情弱向けメディアに何を期待してんだよ」とか「記者クラブの問題でしょ」と言われれば…どうなんでしょう。知りません。

大相撲の経済学 (ちくま文庫)大相撲の経済学 (ちくま文庫)
(2008/03/10)
中島 隆信

商品詳細を見る

【追記:2011.2.9】
つーかさ、ワイドショーとか「朝まで生テレビ」とか「TVタックル」みたいな、白熱した議論をしているようで何十年とまったく空虚な罵り合いを得意げに報じ、その上一丁前のジャーナリズム面して、そのくせ突っ込まれると「これはプロレスだから」とか嘯く奴はみんな死ねばいいんだよ!
もういい加減に冷静でマシな議論しようよ!

と俺の心の中の悪い子が申しております。


関連するかもエントリ:「タイガーマスク運動」と日本的ロールモデル(考え中)
           「世代論がどうもうまく語れない新世代という問題」
このエントリーをはてなブックマークに追加

「タイガーマスク運動」と日本的ロールモデル(考え中)

Category: 社会  
このエントリーをはてなブックマークに追加
営業の仕事はつらい。

飛び込みの電話をかけるだけでも億劫だし、電話を丸一日かけ続けながら何の成果もない日など、つくづく嫌になる。

社員のみなさんが設計開発製造など直接業務で稼いでいる間、経営者といえども所詮間接業務でしかない自分が営業成果を出せないということは、その日一日寝ていたのと同じ、いや、電話代がかかっただけ損失が発生したことになる。

自分はそれなりに社交的ではあるものの、デフォルトのテンションは相当低い設定なので、正直言うと受話器を持つのも気が重い。
だから営業をする際には意識的に躁状態にして、明るく楽しくめげないビジネスマンにキャラ設定する。そうすることで、いちいち落ち込んだり悩んだりせずに済むのだ。

まあ「社会人になる」というのはそういう「仮面」を身に着けるということなのだろうし、「社会人意識」「大人力」「モーレツ社員」「やりがいのある仕事」「夢を仕事で実現」「自己啓発」「表層演技と深層演技」「管理職としての自覚」「会社人間」「社畜」などといったキーワードは、結局すべて「仮面」や「モード」の話で、その設定の程度の差や、自覚の有無、オンオフの切り替え、素の人格への侵食度合いなどを表すだけの話なのかも知れない。

もちろんそれを揶揄したり批判的に語ることもいくらでも可能だろう。
しかし、自由意志に任せて放っておけば一日中ネットでエロサイトを見ているだろう自分のような人間にとって、こういうやり方はやはり有効だ。
仕事をして稼がなかればならないという大前提がある以上、プラス思考でなければ頑張れない場面もあるし、自己啓発だろうと暗示だろうと、楽しく仕事が出来て成果を出せるなら、進んで頼りたい、と思うこともある。
著名な成功者の自伝や成功譚を読んでその気になるのも、任侠映画を観た後に肩をいからせて歩く勇気をもらえる程度には効果的なものだ。
要するに、自分でいちいちゼロから「働くとはなんだろうか」「意味のある仕事なのだろうか」「ボクって何?」といったツマランことを考えるプロセスをぶっ飛ばして、今現実的に必要としている適切なロールモデルやマインドセットを手に入れられる、という点が何よりも素晴らしい。

安野モヨコ『働きマン』

働きマン(1) (モーニングKC (999))働きマン(1) (モーニングKC (999))
(2004/11/22)
安野 モヨコ

商品詳細を見る


米光一成『仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』

仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
(2007/07/14)
米光 一成

商品詳細を見る


若松義人『マンガでわかるトヨタ式カイゼン』
や、奴が…カイゼンのドラゴン!みたいな。

マンガでわかる トヨタ式カイゼン (宝島社文庫)マンガでわかる トヨタ式カイゼン (宝島社文庫)
(2008/07/05)
若松 義人

商品詳細を見る


さて、2011年の年始から「タイガーマスク運動」と呼ばれる寄附行為が話題になっている。
過去にもこういったことは単発でたびたび起こってきたが、今回だけ「運動」に発展したのは、2010年12月25日の群馬県前橋市の「群馬タイガー」に続く2件目、2011年1月1日に「小田原タイガー」が残した手紙が大きなポイントではないだろうか。

『小田原にもタイガーマスク 児相前にランドセル6個』
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011010501000280.html

手紙には、

「群馬の件に感銘を受けた。タイガーマスク運動が続くとよいですね」などと書かれた手紙が添えられていた。


とあるから、この小田原タイガーは単に個人的な善意の押し付けとして寄附をしているわけではなく、もっと客観的に群馬タイガーの件をとらえ、単発に終わらない寄附行為意識の高まり、一般化を期待して文章を残している。そしてその後の盛り上がりを見れば見事に成功していると言っていいだろう。

小田原ドラゴンくえすと 1 (ヤングサンデーコミックススペシャル)小田原ドラゴンくえすと 1 (ヤングサンデーコミックススペシャル)
(2005/01/05)
小田原 ドラゴン

商品詳細を見る



またこの運動の特徴は、言うまでもなく「タイガーマスク」というキャラクターを名乗った、ということだ。
これについては、例えば以下のような分析がある。

『「タイガーマスク運動」は“祭り” 「伊達直人」は神か?』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110112/dms1101121248001-n1.htm

新潟青陵大学大学院の碓井真史教授(社会心理学)は今回の現象を、「日本では寄付は恥ずかしいという気持ちが出るが、伊達直人を名乗ることで遊び感覚が働き、やってみようという気になれたのだろう。作中でも寄付をしていた登場人物だからこそ共感を呼んだ」と指摘する。



記者の文章のまとめ方の問題なのかも知れないけれど、ここには2点、異なる理由の分析がある。
一つ目は、単に匿名で寄附をしたい、という理由。
つまり「タイガーマスク」というキャラを是が非でも名乗りたいのではなく、実名が伏せられればいい、という考え。照れや「名乗る程のもんじゃ…」という美意識、目立ちたくない、偽善者と言われたくない、現行の寄附税制が諸外国に比べて厳しい、といったのが主な理由だろう。
そういう意味では、後に続いたアンパンマンでもドラえもんでも仮面ライダーでもムスカでも段々ネタが横滑りしているような展開に見えるが、「匿名を名乗る」という目的は十分に果たしている。

ハムスター速報:『ムスカ名義でランドセルを送ろうと思うのだが手紙の内容を考えてくれ』
http://hamusoku.com/archives/3960250.html

しかしもう一つの理由は(このエントリ前半のわざとらしい前振りとようやく繋がるわけだけど)「タイガーマスク」(伊達直人)を名乗り、そのロールモデルを演じることにこそ意味がある、ということだ。
ご存知の通り、伊達直人は「ちびっこハウス」という孤児院出身で、プロレスラーになった後は孤児院にファイトマネーを寄附する。
だからこそ、「児童養護施設に」寄附をし、「伊達直人」の名前を選んだ。
善意から寄附行為をしたいと思いつつもなかなか実行に移せず、社会通念上(照れ、目立ちたくない、偽善者と批難される等)も制度設計上(税制や寄附窓口の整備)も敷居が高い状況における、誰もが知ってる格好のロールモデルがタイガーマスクなのだ。
「タイガーマスク」を名乗り、そのキャラ設定にすれば、「子供たちの辛さを想像してみると」とか「寄附は偽善かどうか」みたいな今更いちからか?みたいな自問自答や議論をすっ飛ばして「あ、そゆことね」と受け入れることが出来る。社会にはそういう、とりあえず良いロールモデルってのがあって、それはつまり過去の知恵の結晶、議論の積み重ねの上にあるわけだから、うまく使うと非常に効果的なんだろう。

ichikaraka.jpg

あまり普遍的な意味や他人の目など気にせず「ちっと伊達っとくわ」といって募金箱に小銭を入れられる感覚、あるいは確定申告に「タイガー額」という寄附金の合計を記入する欄がある社会。そんな敷居の低さは、うまく社会を機能させるための「仕組み」になる。
これは実際は結構テクニカルなことで、「正直よくわかんねえし毎回その根源的意味など問わないけどとりあえず使ってる数学や物理の公式」みたいな、「便利なツール」だとイメージすると良いかも知れない。


また、日本の寄附や社会貢献活動の少なさへの批判として、宗教や道徳がないのが問題だとか、利他精神や公徳心の欠如が問題だ、という話がよくある。
実際、宗教上の聖者とその言動、「マタイ福音書何章何節によると」「師曰く」という類のものは、その宗教の熱心な信者でなくても、最低限の道徳的規範として社会で有効に機能しているのだろう。
だからナントカ教に入ろうとか、論語を読ませようとか、武士道を復活させようとか、品格とか民度がどうこうとかいろいろ言い出す人がいるけど、そういうことじゃなくても、道徳的な規範の道筋を示すことは出来る。
例えば「サンタクロース」や「クリスマス」ってのは宗教的規範と思われがちだけど、むしろ典型的な「キャラ」や「設定」で、宗教によらずその施しの精神を分かち合うことが出来るものとして機能している面も多い。

『三十四丁目の奇蹟 Miracle on 34th Street』
宗教的な意味やサンタの実在の有無なんて問題は本当はどうでもよくて、クリスマスというイベントがあることで、皆が他者への愛を意識することが何より大事だ、という話。


日本の場合、施しや利他の精神を発揮しようにも、特定の宗教や思想、人権団体とかが出てくると、まずは「胡散臭い」と思ってしまう人が、自分も含めて大半を占めると思うので、そういったものよりも漫画などのキャラの方が賛同を呼びやすい、という利点もある。
タイガーマスクはまさにそうだし、キャラ化した「あしながおじさん」もそう。
ビジネスの世界では二宮尊徳や上杉鷹山、渋沢栄一、土光敏夫、山岡鉄舟、栗林友二なども「勤勉」「清廉」「無私無欲」「利他」といったキャラとして理解・解釈され、ロールモデル化される場合もある。


上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫)上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫)
(1990/08)
童門 冬二

商品詳細を見る



…で、ここで残念なお知らせ。
このエントリのまとめとして、最近の有名な漫画や小説、映画などのキャラで、寄附や社会貢献活動などのロールモデルとなるようなキャラをたくさん列挙して、宗教的な規範とかなくても日本には漫画があるじゃん、○○に寄附(貢献)するなら△△を名乗るといいよ、的な一覧表を作ろうと思ったものの、ほとんど思い浮かばなかった。唯一思いついたのが「紫のバラの人」だっつーのがマジで情けない!(それロールモデルにならないし)。破壊者とか非道徳的人間だったらたくさん思いつくんだけどな~。
これだけ物語があふれながら寄附のロールモデルを40年前のタイガーマスクまで遡らなければならない社会に問題があるのかも知れない(キリッ! と他人のせいにして言いたいところだけど、俺自身がケチ臭い自分の自我のことばっかり考えてたからな…という反省を一応しておこう。

こういう時こそ集合知!ということで、スレでも立てて最近のロールモデルたりうるキャラを教えてもらおうかしら。
いいロールモデルが出来たら、今回のタイガーマスク運動を単なる突発的な流行に終わらせず、より一般化出来る気がするんだけどな。
ムギちゃんが実はすごい寄附してる、とかいう設定だったら俺もがぜん寄附する気が湧いてくるし。

けいおん! 琴吹 紬 (1/7スケールPVC製塗装済み完成品)けいおん! 琴吹 紬 (1/7スケールPVC製塗装済み完成品)
(2011/05/25)
Max Factory

商品詳細を見る


セミレプリカマスク 初代タイガーマスク ?マークセミレプリカマスク 初代タイガーマスク ?マーク
()
キャラプロ

商品詳細を見る


「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付
(2010/12/17)
駒崎弘樹

商品詳細を見る


※ご参考
「お願いタイガー!」寄附をしたい気持ちと支援が必要な施設を結ぶサイト
実際役に立つかどうかわからないし、問題点も出るかも知れないけど、こういうサイトを速攻で作って運営する行動力を、心から尊敬します。



関連エントリ:「なにが本当にブラックなのか?」
      :「理想の子育て法なんてない」
      :「映画のアトラクション化の可能性」


【追記:2011.2.8】
ここでテーマにしている「ロールモデル」というのは、社会的な活動をする上でのロールモデルの話です。
言うまでもなく、「男の生きる道」とか「正義とは」といった自我関係のロールモデルは無限にあります。
で、そういうのはもう溢れかえっているので、別のも見つけようじゃないかと。
胡散臭くなく(これ重要)、ライトで敷居の低い、社会的善行や運動のために機能するロールモデルがあるといいな、というのが本旨です。
それは当然、思考の停止だろうとか、価値観の押し付けや洗脳だとかいう批判があると思いますが、そんな高度な話とは違って、「困っている人がいたら助けよう」程度の、一応普遍的な同意を得られるような部分をもっとうまく機能させようぜ、という話です。よろぴく。
また、公共政策とか社会制度といった大きな議論の話じゃなくて、言うまでもなくもっと即物的なことを扱ってます。

※ご参考
「一風変わった「公共性」(宇野常寛)(2011.1.31)」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110131/trd11013114320016-n1.htm
俺の(キリッ! の部分と共通した視点ですかね。

これは70年代以降、わかりやすく「世界の平和を守る」公共性を体現するヒーローが国民的な創作物上ではあまり登場しなかったことが理由として挙げられるだろう。現代のヒーローはまず「正義とは何か」という問いに葛藤し、自分探しをしなければならない。



「タイガーマスク運動を一過性のものに終わらせないために(西田亮介)」
http://www.tbsradio.jp/stand-by/2011/01/post_3153.html
「「新しい公共」考える契機に タイガーマスク現象(西田亮介)」『asahi.com』
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201101210290.html
「時代の風:タイガーマスク運動(斎藤環)」
http://mainichi.jp/select/opinion/jidainokaze/news/20110123ddm002070075000c.html
「タイガーマスク運動が語るもの(WEBRONZA)
http://webronza.asahi.com/business/2011011900002.html

【追記:2011.3.18】
「被災者が調子のってるから電池大量に送ってやったぜwwwwww」
http://mamesoku.com/archives/2426297.html
ツンデレ寄付、支援物資テロ、やらない善よりやる偽悪。
しかし確かにこれはすごく善行しやすい!

【追記:2011.4.5】
やらない善よりやる偽善、つらい偽善より楽しい偽悪。
SNSと有名人パワーとタイガーマスク運動と大喜利のハイブリッド?
「悪魔主義者たちの悪魔的寄付に対する町山智浩の悪魔的つっこみ」
http://togetter.com/li/117697

【追記:2011.4.11】
「ニューヨークウエーブ・正義の味方!僕らは街のスーパーヒーロー(NHK)」
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200091101250030338/
「ウォッチメン」宜しく、自らヒーローを名乗り社会的な活動をする人たちのポップな活躍を特集。
ホームレスへの支援を行う「ライフ」という、グリーン・ホーネットを模したヒーローを演じるハイム・ラザロス氏は、ヒーローを演じる意味をこう語っている。
「スーパーヒーローになると自分の欠点や弱さを克服できる。なぜ困った人を助けるのかと質問されても答えやすい。”スーパーヒーローだから”って言えばいいだけだからね」
Superheroes Anonymous
http://superheroesanonymous.com/

【追記:2011.11.2】
SYNODOS JOURNAL : 「アノニマス」の歴史とその思想 塚越健司
http://synodos.livedoor.biz/archives/1850228.html
「アノニマス」のシンボル「ガイ・フォークス」について。

この仮面は、イギリスで80年代に描かれたコミック『Vフォー・ヴェンデッタ』に登場する。『Vフォー・ヴェンデッタ』は、全体主義国家となった近未来のイギリスにおいて、体制に抵抗する主人公「V」の活躍を描いた作品であるが、仮面は17世紀のイギリスに実在したガイ・フォークスという人物を模したもので、彼が体制への反逆者であったことから「V」を被っている。自由の抑制に対する抵抗を、仮面が証明するというわけだ(ちなみにこのコミックの映画が2006年に公開されている)。




V for Vendetta Mask / アノニマス/ガイ・フォークス 仮面 マスクV for Vendetta Mask / アノニマス/ガイ・フォークス 仮面 マスク
()
不明

商品詳細を見る

こういうのを見ると、2ちゃんねると4chan、mootとひろゆきの思想(の有無)の違い、なんてことを言いたくもなってしまう。
宗教や思想があまりない文化、というのは自由でコスモポリタンで未来に生きている、とも言えるけど、理論の応酬に晒されていない分、逆に今更「いちからか」な扇動や思想に簡単に踊らされる、ということでもあるかも知れない。
フジデモとか花王不買運動とかは、その正当性や意義は別にしても、そこに至るまでの経緯が幼稚過ぎるのでは。
自分は2ちゃんが大好きなので、どうせならもっとかっけー名無しさんが見たいよ。


【追記:2012.3.9】
「ONE PIECE」で人権教育 生徒の心に大ヒット
http://www.asahi.com/national/update/0305/OSK201203050019.html

日本には扱いが難しい宗教的な規範がなくても漫画があるじゃないか!
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ展開メニュー
  • 自己紹介(2)
  • 経営(5)
  • テレビ・ラジオ(12)
  • 映画(9)
  • 漫画・アニメ(5)
  • 書評(5)
  • その他レビュー(3)
  • ブログについて(1)
  • 子育て(8)
  • ネタ(8)
  • ネタじゃなく(3)
  • 社会(12)
  • 未分類(1)
  • 大震災(2)
  • twitterまとめ(0)
  • 雑考(2)
プロフィール

shikahan(しかはん)

Author:shikahan(しかはん)
経営、映画、子育てなど。

【Twitter】
http://twitter.com/shikahan

Twitter

しかはん < > Reload

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。